はとバス

「はとバス」が訪日外国人旅行者に向け「多通貨決済サービス」を提供
2020年に20万人の利用を目指し、インバウンド対応に取り組む

東京などの主要観光スポットを巡る黄色い観光バスとして有名な「はとバス」。同社では、海外のカードホルダーがカード決済時に自国通貨を選択できる「多通貨決済サービス(DCC:Dynamic Currency Conversion)」の取り扱いを行っている。

 

前年度比120%で訪日外国人の利用が伸びる
29通貨のクレジット決済に対応

 

2014年度の東京観光における、はとバスの訪日外国人向けコース利用者は、前年比123%となる8万人超えを達成。「現在も120%程度の割合で伸びており、2015年度はさらなる利用者のアップを見込んでいます」と、はとバス 広報室 相田佳愛氏は話す。

 hatobus

外国人を対象としたコースは、英語と中国語の2カ国語で展開しているが、フランスやイタリアなど、それ以外の国の旅行者も英語コースに乗車する場合もある。また、すべてのコースが国家資格を持った通訳案内士による案内となっている。都内の人気スポットを巡る英語コースの人気が高いが、中国人観光客を中心に箱根などを楽しむ旅行者も多い。英語コースに比べて母数は少ないが、中国語コースは想定以上の伸びを示しているそうだ。また、浜松町の営業所では、英・韓・中・スペイン語などが話せるスタッフを配備している。

 

はとバスでは、旅行者のさらなる利便性向上に向け、都内・近郊定期観光バス等の旅行業、銀座キャピタルホテルの宿泊等のホテル業において、DCC決済を導入した。同社では、従来から料金支払いの際に銀聯カードを取り扱っていたが、都内4カ所にある営業所、ならびに銀座キャピタルホテルにおいて、2015年7月から新端末を導入し、DCC決済が可能となった。対応通貨は29通貨で、米国ドルの利用が多いという。

 

Webサイトの強化にも取り組む

 

ツアーについては、海外の旅行会社からも販売されているが、Webやホテルに設置されたパンフレットからの申し込みも多い。なお、Webサイトは、英語、中国語(簡体語、繁体語)、韓国語、スペイン語に対応。相田氏は、「2020年に20万人のご利用を目指し、Webサイトの強化にも取り組んでいます」と説明する。

注目サービス

GOLD

株式会社富士通ミッションクリティカルシステムズ

POSA導入を短期間・低コスト・高品質にサポートする「やごやさん」
パッケージからクラウド型までサービスのバリエーション広がる

大日本印刷株式会社

ID情報と決済情報を連動した新たなマーケティングを展開へ
「DNPマルチペイメントサービス」がいよいよ稼働

株式会社富士通ミッションクリティカルシステムズ

日本カードネットワークの「リアルタイム口座振替サービス」に対応する
パッケージ製品を提供
短期間・低コスト・高品質でのクレジット決済システム導入を実現化

SILVER

株式会社ネットプロテクションズ

「NP後払い」のノウハウをB to B企業に適用した「FREX B2B後払い決済」
現金集金を撤廃できる訪問サービス向けの「NP後払いair」も提供

セイコーソリューションズ株式会社

アプリケーション、端末、センターサービスの三位一体で
2020年に向け、加盟店の多様化する決済業務を支援

株式会社NTTデータ

CAFISがインバウンドのためのトータルソリューションを支援
アジア圏の決済、多通貨決済、免税、カード決済連携送客まで提供

株式会社NTTデータ

多彩な決済機能を提供するクラウド型
総合決済プラットフォーム「CAFIS Arch」
決済から売上管理まで、幅広く対応できる画期的サービス

株式会社リクルートライフスタイル

「モバイル決済 for Airレジ」で小売業や飲食業を支援
中国最大級の決済アプリ「Alipay」に加え、「LINE Pay」への対応も可能に

ビザ・ワールドワイド

接触・非接触のEMV化、プリペイド、BtoB専用決済システムの普及に注力
2020年のキャッシュレス化に向け、世界に広がるVisaのサービスの国内利用促進を図る

BRONZE

「リテールテックJAPAN」「SECURITY SHOW」

ソニーペイメントサービス株式会社

高速で安定したレスポンスかつ高稼働率の決済代行サービス「e-SCOTT」
独自の「認証アシストサービス」で加盟店のセキュリティリスクを軽減

ヤフー株式会社

「Yahoo!公金支払い」のふるさと納税の取り扱いが好調
利用者・自治体双方の利便性を高め、地域活性化を継続的に支援