髙島屋

 百貨店初!プラチナクラスのサービス充実の「タカシマヤプラチナデビットカード」
若いビジネスマンなど、新たな顧客層の取り込みに手応え

 髙島屋は2017年10月、ソニー銀行との提携による「タカシマヤプラチナデビットカード」の発行を開始した。年会費3万円ながら、髙島屋、ソニー銀行が提供する最上位のサービスが受けられるデビットカードとなっている。髙島屋ではこの取り組みを通じ、新しい顧客層の取り込みに手応えを感じている。 

髙島屋がソニー銀行と連携
各社の最上位のサービスを享受

 

髙島屋と髙島屋クレジットは、ソニー銀行と提携し、2017年10月9日より、髙島屋最上位のカードとなる「タカシマヤプラチナデビットカード」の発行を開始した。

 

「タカシマヤプラチナデビットカード」は、髙島屋の優待サービスと、外貨10通貨にも対応するソニー銀行のVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」が一体となったカード。髙島屋における最上位の優待サービスに加えて、ソニー銀行の優遇プログラム「Club S」の最上位であるプラチナステージの特典を1枚のカードで受けることができる。プラチナ機能が付いたデビットカードの発行は、百貨店業界初の試みである(髙島屋調べ)。

髙島屋 営業推進部 営業推進グループ 営業推進担当部長 萩原剛氏

「タカシマヤプラチナデビットカード」の入会資格は、満15歳以上。ソニー銀行の口座を持つことが必要だ。髙島屋(日本橋店、新宿店、横浜店、玉川店、京都店、大阪店)店頭、髙島屋クレジットが運営するカードカウンター、および、髙島屋ホームページで入会申込ができ、年会費は税別3万円だ。

 

髙島屋での利用の場合、最大10%のポイントを付与。特価品、食料品でも3%のポイントが付与される。さらに髙島屋グループで3%、髙島屋以外の国内Visa加盟店でも2%のポイントが付く。ポイントは2,000ポイントごとに、2,000円分のお買物券と交換できる仕組みだ。髙島屋での利用の場合、ハウスクレジットカードの「タカシマヤカード」のポイント付与率は基本8%、年会費無料の「タカシマヤセゾンカード」では2%、また他社クレジットカードや現金払いでも利用できる「タカシマヤポイントカード」では2%であるから、「タカシマヤプラチナデビットカード」のポイント付与率は魅力が高い。

 

ポイント付与以外のサービスのラインナップも幅広い。一例を挙げれば、髙島屋店舗内のメンバーズサロンの利用、駐車場利用が1日5時間まで無料(一部店舗で異なる)、髙島屋での購入商品を数量・大きさにかかわらず自宅に無料配送、世界主要都市に設置されている「タカシマヤプラチナデビットカード トラベルデスク」の利用など。さらに、旅行やホテル、住まいなど日々の暮らしや特別な時間を豊かにする稀少性の高いサービスや特典も用意されている。

タカシマヤプラチナデビットカードは、「タカシマヤのご優待サービス」とソニー銀行のVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」が一体になったカード

高額の買い物も与信不要に
ストレスなく決済できるのがメリット

 

髙島屋では従来の現金、クレジットカード決済に加えて、一部の電子マネー、インバウンド需要に対応するAlipay、WeChat Payなどを随時採り入れ、多様化する決済手段のニーズに応えてきた。しかし、現金払いの比率は、まだ大きい。また、キャッシュレス決済のほとんどをクレジットカードが占め、電子マネーやQRコード決済の比率はまだ小さい。

 

髙島屋には、現金主義のお客様も多い。クレジットカード払いの場合、高額決済に際しては与信が求められる。その点、デビットカードは預金残高の範囲内であれば、与信の必要がない。髙島屋 営業推進部 営業推進グループ 営業推進担当課長 菊地佳音美氏は、「即時決済で、現金感覚で使っていただけるデビットカードは、弊社のお客様との親和性が高いと考えています」と説明する。

髙島屋 営業推進部 営業推進グループ 営業推進担当課長 菊地佳音美氏

新たな層を顧客として取り込むことに成功
認知の高まりとともに会員増に期待

 

髙島屋のいままでの購買客は女性比率が高く、年代別では50代以上のお客様が多いのに対し、「タカシマヤプラチナデビットカード」の会員は若い年代層比率が高めで、男女比はほぼ半々。新たな層を顧客として取り込むことに成功している。

 

会員の大半が、デビットカード未体験者。髙島屋 営業推進部 営業推進グループ 営業推進担当部長 萩原剛氏は、「使ってみて利便性を実感したという声を多くいただいています。タカシマヤプラチナデビットカードの認知度向上に伴って、会員が拡大していくものと期待しています」と語った。

注目サービス

GOLD

大日本印刷株式会社

 データを“使える”かたちに変換し、根拠に基づく施策を立案・実行
クライアントに“成果”を提供する「決済連動マーケティングサービス」 

大日本印刷株式会社

 「DNPマルチペイメントサービス」がICクレジット、汎用電子マネー、共通ポイントに対応
新端末の提供と、IoSTプラットフォームとの連携により、安心・便利に決済を行える環境の整備  

インコム・ジャパン

 主要なモバイルバーコード決済を支えるインコム・ジャパンの強みとは? 
インバウンド・国内の接続先は今後も増加し、加盟店の販促もサポート

インコム・ジャパン/LINE Pay

 「LINE Pay」が本格的な普及に向け、加盟店開拓のパートナーとしてインコム・ジャパンと提携
加盟店のPOSレジで「LINE Pay」決済を実現させるネットワークを構築 

ツルハホールディングス

 POSA技術を使ってモバイルバーコード決済「LINE Pay」「WeChat Pay」を全店舗で導入
短期間、低コストでPOSの大幅な改修なくスピーディーな決済と安定した運用を実現 

NTTデータ

 決済をコアに加盟店の売上向上を支援するソリューションを全方位で提供
スマホ決済をキーに日本のキャッシュレス化を強力に推進する「CAFIS」

SILVER

Mastercard

ビザ・ワールドワイド

 世界で広がるVisaの非接触決済、日本での普及が進む
「Visaトークンサービス」、「3-Dセキュア2.0」でセキュリティも強化

寺岡精工

 クラウド型マルチ決済サービス「Payoss(ペイオス)」の導入が加速
POSレジ、決済端末、ゲートウェイセンターの機能を一括提供 

BRONZE

GMOメディア

 企業のポイントサイト構築から運用までを支援する「ポイントCRM」を提供
「ポイントタウン」の運営ノウハウを活かし、既に大手共通ポイント2社で採用 

東芝テック

 クレジットカード決済を内回りで安全に処理する「CR-7000決済クラウドサービス」
PCI DSSとPA-DSSに準拠したサービスとしてさまざまな流通小売業、飲食店に提供 

フライトシステムコンサルティング

主要なすべての決済に1台で対応する据置型マルチ決済端末「Incredist Trinity(インクレディスト・トリニティー)」
モバイル決済のパイオニアが2020年に向け国内の据置型決済を強力にサポート 

日本経済新聞社

 「リテールテックJAPAN」「SECURITY SHOW」出展申し込み受付開始