ロイヤリティマーケティング「Ponta」

5周年を迎えた「Ponta」はリクルートポイントの統合でさらに拡大
日本航空との提携、インドネシアでの展開などサービスを広げる

ロイヤリティマーケティング(LM)は、2010年3月1日、共通ポイントサービス「Ponta」を開始。ローソン、ゲオ、昭和シェル石油などが参画し、当時は、3年後に提携社数50社、会員数3,000万人を目指してスタートしたが、提携社や会員数は当初の予想を上回る勢いで伸びている。2014年は、リクルートや日本航空との提携、インドネシアでの展開も発表するなど、サービスが大きく拡大した。

月間トランザクションは1.9億件に増加
2015年冬にリクルートポイントがPontaポイントに統合

 

「Ponta」は、2015年3月で5周年を迎え、参加企業は80社107ブランド2万3,400店舗(2月1日時点)、会員数は6,786万人(2015年1月時点)、月間のトランザクション数は約1.9億件まで拡大している。

 

提携店からの評価の例として、2011年1月にPonta提携店になったスポーツ用品専門店のヒマラヤでは、2014年11月にグループ企業のスポーツ専門店「B&D」にもPontaサービスを拡大していることを挙げ、「Pontaを評価していただいた結果」とLMでは説明する。

 

また、リクルートと提携し、2014年7月から「リクルートポイント」とPontaポイントの相互交換がスタートした。2015年冬にはリクルートポイントがPontaポイントに統合予定で、リクルート関連サービスの利用で直接Pontaポイントがたまり、つかえるようになる。

 

さらに、LMはJALと提携。現在はJALとの提携クレジットカード「JMBローソンPontaカードVisa」を保有していなければJALのマイルとPontaポイントの相互交換はできない。しかし、2015年春からPonta会員であればクレジットカード会員以外でも、マイルとポイントの相互交換が利用できるようになる。また、現在は1万マイルからの交換となるが、3,000マイルから交換可能とするなどのサービス強化も行われる。消費者は、より少ないマイルからポイント交換が可能となり、JALのマイルを有効活用できるようになる。2015年4月にはJALとの提携記念「先得 de Pontaプレゼント」キャンペーンも開始する予定だ。対象運賃でJAL便に2回搭乗するごとに500 Pontaポイントをプレゼントする。

 

JALとは提携を記念し、「先得de Pontaプレゼント」キャンペーンを実施

JALとは提携を記念し、「先得de Pontaプレゼント」キャンペーンを実施

また、購買以外でのPontaポイントの活用も広がっている。NTTデータは、厚生労働省の保健事業データヘルス計画の健康管理支援サービス「クリエイティブヘルスNEXT」でためたポイントをPontaポイントに交換できるサービスを追加した。

サービスコンセプトは「便利・オトク・楽しい」
インドネシアでは1万700店規模で展開へ

 

2014年10月に楽天が共通ポイントカード「Rポイントカード」を開始。CCCは2014年11月からTカードに電子マネー「Tマネー」機能を導入するなど、共通ポイントサービスの競争が激化する中、「『便利・おトク・楽しい』というPontaのサービスコンセプトのもと、Ponta会員の皆様によりよいサービスとは何かを検討し、サービスを提供していく」とLMは話す。

 

このコンセプトから生まれたのが「Ponta」を楽しむスマートフォン向けアプリ「ポンタイム(Pontaタイム)」だ。アプリでゲームをすると、Pontaポイントに交換可能な「おこづかいポイント」がたまる。2014年3月にはリアル店舗等でチェックインすると、ポイントがたまる機能を追加し、キャンペーン等で活用されている。また、2014年11月にはゲームをするだけでPontaポイントをためられ、ゲーム内でデリバリー商品の注文ができる「デリバリープラネット」を開始。ポンタイム、デリバリープラネットのユーザー数は順調に増加している。LMは、提携社同士の相互送客だけでなく、アプリ(ネット)からリアルへの送客を強化している。

 

日本市場の開拓だけでなく海外展開も発表。第一弾として2015年春頃からインドネシアで共通ポイントサービス「Ponta」を開始。8社10ブランド、1万700店規模での展開予定だ。「インドネシアは経済的に目覚ましい成長を遂げており、人口は世界4位の2億8,000万人です。日本との親和性も高く、日本と同規模またはそれ以上の市場として期待しています」とLMでは力を込める。また、インドネシア以外の海外導入も見据えている。

 

インドネシアでのサービスキャラクター「ポンタ」

インドネシアでのサービスキャラクター「ポンタ」

2015年3月には5周年を迎え、大規模なキャンペーンを実施。今後は、あらゆる生活シーンの中で、いかに消費者にPontaを使ってもらい、楽しんでもらえるサービスにするかに力を注ぐという。「『便利・おトク・楽しい』- つまり、いつでもどこでもPontaポイントがたまる、つかえる機会を増やし、楽しんでもらえるサービス展開をしていきたい」とLMではコメントしている。

注目サービス

GOLD

MasterCard

世界、そして日本をキャッシュレスな社会へ
海外におけるMasterCard最新決済テクノロジーの事例

株式会社富士通ミッションクリティカルシステムズ

クレジット決済業務に特化したパッケージ製品を提供
CAFISとCARDNETに対応し、短期間・低コストでの導入を支援

マクニカネットワークス株式会社

世界中の決済を保護するHSMで高セキュリティな暗号鍵管理を実現
金融ビジネスを支援する万全のサポート体制も強みに

タレスジャパン株式会社

EMV、HCE等のモバイルペイメント、mPOSを保護するタレスのHSM
最新の決済トレンドにも対応できる強固なセキュリティを実装

株式会社富士通ミッションクリティカルシステムズ

導入事例
インコムのPOSAカード導入を短期間・低コスト・高品質にサポート
9割の導入企業が選んだパッケージ/クラウドサービス「やごやさん」とは

大日本印刷株式会社

決済連動マーケティング「マルチペイメントサービス」を開発
複数の決済手段にワンストップで対応し、購買情報を活用した販促を実現

SILVER

株式会社ゼウス

設立20周年を迎えた総合決済サービスプロバイダ、ゼウスの強みとは?
ネットとリアル双方で便利なサービスを提供

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

ネットショップの決済を支える会社 GMOペイメントゲートウェイ

株式会社NTTデータ

なりすましによる不正使用を検知する「CAFIS Brain®」をEC加盟店に提供
デバイス情報や取引情報を高精度に分析し、不正取引による被害を抑制

日本セーフネット株式会社

トークン化やDUKPT、PCI DSSなどカード会員情報保護のグローバルリーダー
一気通貫でペイメントカードのセキュリティサービスを提供

ソニー株式会社

1枚のFeliCaカードに独自電子マネー・ポイント・クーポンなどを集約
スマートでセキュアなサービスを安価に実現可能な「FeliCaポケット」

セイコーソリューションズ株式会社

ICクレジットのEMV処理や電子マネー決済のシンクライアント化で
セキュリティや拡張性、コストの課題を解決

株式会社スマートリンクネットワーク

カード情報お預かり自動更新サービス

株式会社日本カードネットワーク

あらゆるカード決済を総合サポート

株式会社NTTデータ

リアルタイムなアプローチを実現する「CAFIS Presh®」は店舗の販促を支援
「CAFIS®」のクレジットカード決済情報や位置情報を活用

株式会社バリューデザイン

国内最多の導入企業数を誇るクラウド型電子マネー(プリペイド)発行システム
販促ノウハウとサポート力を武器にアジア№1のプロセッサーを目指す

凸版印刷株式会社/富士通エフ・アイ・ピー株式会社

スーパーマーケットや飲食で導入が加速する「ポイント一体型電子マネー」
優れたノウハウ・機能と高いセキュリティで流通企業の導入を支援