フライトシステムコンサルティング

 主要なすべての決済に1台で対応する据置型マルチ決済端末「Incredist Trinity(インクレディスト・トリニティー)」
モバイル決済のパイオニアが2020年に向け国内の据置型決済を強力にサポート 

 フライトシステムコンサルティングは、磁気クレジットカード、接触型ICによるクレジットカード(EMV)、日本の電子マネー、デビットカード、非接触型ICによるクレジットカード(コンタクトレスEMV、Apple PayなどのNFC決済)に1台で対応するマルチ決済端末「Incredist Premium(インクレディスト・プレミアム)」を提供。大企業には圧倒的な導入シェアを誇っている。このたびタブレットレスで使いたい大企業、並びに個店など中小規模の店舗のNFC導入支援を強化するべく、コンパクトな据置型の「Incredist Trinity」をリリースした。同社ではコンタクトレス国際6ブランドのEMV認定を取得済みだが、いよいよセンター環境が整い、2018年4月より、Visa payWaveとMasterCard Contactlessへの対応をスタートさせる。

タブレット不要で多様な決済手段に対応
2018年はNFC決済元年に

今回リリースされた「Incredist Trinity」は、モバイル決済端末として国内屈指の実績を誇る「Incredist Premium」のフレキシブルな決済機能を、より手軽に利用したいという声に応えたものだ。「Incredist Premium」を「Dock Station」にセットし、すべての機能をオールインワンで提供するものだ。

フライトシステムコンサルティング 代表取締役社長 片山圭一朗氏

「Incredist Premium」は、ソフトバンクモバイルのSoftBankショップ全店に導入されているのをはじめ、国際的なファッションブランド、高級ホテル、旅行代理店など、大規模企業においては圧倒的な導入シェアを誇る。しかし一方で、美容院や飲食店といった個店からのニーズに必ずしも対応できていなかったという。

この理由の1つが、これまで「Incredist Premium」は、iPadと組み合わせて使うのが前提となっていたこと。タブレット端末は、レジとして、サイネージ広告として、カタログとしてなど、さまざまな使い方ができて便利だが、タブレット不要で利用できないかという声があったそうだ。また、決済端末として使用するだけのためにタブレット端末を購入するのであれば、費用も高くついてしまう。

その点、「Incredist Trinity」は、磁気クレジットカード、接触型ICによるクレジットカード(EMV)、日本の電子マネー、デビットカード、非接触型ICによるクレジットカード(コンタクトレスEMV、NFC決済)といった多様な決済手段に対応。コンタクトレスについては、国際6ブランドのEMV認定済み。今年4月よりセンター環境が整い、国内でも導入が加速すると予測されるVisa payWaveとMasterCard Contactlessへの対応がスタートする。

「1年以上前にEMVの認定をとり、準備を進めてきました。2018年は日本のコンタクトレス元年になるでしょう」(フライトシステムコンサルティング 代表取締役社長 片山圭一朗氏)

1 台で日本と海外の主要な決済に対応する据置型マルチ決済端末「Incredist Trinity」

電子サイン、オートカッター付きプリンター内蔵
国産メーカー最安クラスの価格で提供

PINカバーで手元を隠しながら、販売員と対面で、簡単な操作で決済を完了できる。さらに、3.5インチのタッチパネルによる電子署名機能も搭載している。

バッテリー駆動もでき、オプションでLTEのモジュールを搭載することもできるので、WiFi環境がない店舗や屋外での使用も可能。オートカッター付きプリンターも内蔵されている。また、OPOSドライバを用意しており、POSと連動させることも可能である。

価格は1台10万円を切り、同機能を提供する国内メーカーでは競争力が高い製品となっている。片山氏は、「2020年のインバウンド需要として、コンタクトレスEMV、NFC対応のソリューションとしてニーズが高いと考え、当社では初年度数万台の納入を見込んでいます」と意気込む。

モバイル決済ソリューションで10万台超の実績
NFCの普及を強力にサポート

なお、フライトシステムコンサルティングは2013年、クレジットカード、デビットカード、電子マネーなど多様な決済手段に1台で対応するマルチ決済端末「Incredist(インクレディスト)」の提供を開始。2016年には、2世代目となる、コンタクトレスEMVにも対応可能な「Incredist Premium(インクレディスト・プレミアム)」をリリースした。1世代目、2世代目を合わせたIncredist シリーズ累計で、10万台以上の納入実績を持つ。

アメリカ、台湾、ヨーロッパをはじめ、海外の多くの国ではNFC(Near Field Communication:非接触型決済)はごく一般的な決済手段。2020年の東京オリンピック開催に向けて訪日外国人旅行客が急増する中、日本の小売業・サービス業にとって、NFC対応は必須の課題となっている。一方、国内事情を鑑みれば、Suicaなどで採用されているFeliCaに対応することも欠かせない。

現在、海外のコンタクトレスEMV、NFCとFeliCaを含む日本の主要電子マネーの両方に1台で対応する決済端末を提供しているのは、フライトシステムコンサルティングなど数社のみとなる。

2020年に向け、国内でも海外で浸透したコンタクトレスペイメントの普及が期待されるが、機能、価格ともに優れた「Incredist Trinity」の登場が、加盟店での導入を後押しするに違いない。

一覧へ戻る

お問合せ先

 株式会社フライトシステムコンサルティング

 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-6-1
恵比寿MF ビル3F

  • product@flight.co.jp

注目サービス

GOLD

大日本印刷株式会社

 データを“使える”かたちに変換し、根拠に基づく施策を立案・実行
クライアントに“成果”を提供する「決済連動マーケティングサービス」 

NTTデータ

 決済をコアに加盟店の売上向上を支援するソリューションを全方位で提供
スマホ決済をキーに日本のキャッシュレス化を強力に推進する「CAFIS」

インコム・ジャパン

 主要なモバイルバーコード決済を支えるインコム・ジャパンの強みとは? 
インバウンド・国内の接続先は今後も増加し、加盟店の販促もサポート

インコム・ジャパン/LINE Pay

 「LINE Pay」が本格的な普及に向け、加盟店開拓のパートナーとしてインコム・ジャパンと提携
加盟店のPOSレジで「LINE Pay」決済を実現させるネットワークを構築 

ツルハホールディングス

 POSA技術を使ってモバイルバーコード決済「LINE Pay」「WeChat Pay」を全店舗で導入
短期間、低コストでPOSの大幅な改修なくスピーディーな決済と安定した運用を実現 

大日本印刷株式会社

 「DNPマルチペイメントサービス」がICクレジット、汎用電子マネー、共通ポイントに対応
新端末の提供と、IoSTプラットフォームとの連携により、安心・便利に決済を行える環境の整備  

SILVER

ビザ・ワールドワイド

 世界で広がるVisaの非接触決済、日本での普及が進む
「Visaトークンサービス」、「3-Dセキュア2.0」でセキュリティも強化

寺岡精工

 クラウド型マルチ決済サービス「Payoss(ペイオス)」の導入が加速
POSレジ、決済端末、ゲートウェイセンターの機能を一括提供 

Mastercard

BRONZE

GMOメディア

 企業のポイントサイト構築から運用までを支援する「ポイントCRM」を提供
「ポイントタウン」の運営ノウハウを活かし、既に大手共通ポイント2社で採用 

東芝テック

 クレジットカード決済を内回りで安全に処理する「CR-7000決済クラウドサービス」
PCI DSSとPA-DSSに準拠したサービスとしてさまざまな流通小売業、飲食店に提供 

日本経済新聞社

 「リテールテックJAPAN」「SECURITY SHOW」出展申し込み受付開始

フライトシステムコンサルティング

主要なすべての決済に1台で対応する据置型マルチ決済端末「Incredist Trinity(インクレディスト・トリニティー)」
モバイル決済のパイオニアが2020年に向け国内の据置型決済を強力にサポート